HOME 研究紹介
Research
メンバー
Member
アクセス
Access
その他
Others
リンク
Link

学 会 発 表
Presentations


2001年度 2002年度 2003年度 2004年度 2005年度
2006年度 2007年度 2008年度 2009年度 2010年度
2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度
2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
2021年度


2021年度
■Conference
  Location,2020年xx月xx~xx日
Title
〇Authors
Title
〇Authors
Title
〇Authors
Title
〇Authors

このページのトップへ                              ←戻る


2020年度

■フォトニクスポリマー研究会
  オンライン,2021年3月10日
低分子添加・ミクロ構造導入による高分子フィルムの複屈折制御
〇信川省吾
■日本レオロジー学会 中部支部 第14回修士論文発表会
  愛知(名古屋市工業研究所)orオンライン,2021年3月4日
同種の架橋鎖が相互侵入したアクリルフィルムの力学特性と架橋膨潤鎖の影響
〇伊藤咲帆, 信川省吾, 猪股克弘
架橋エラスチンを利用したハイドロゲルの構造と形状記憶特性
〇坂間駿土, 信川省吾, 猪股克弘
添加剤によるPMMAの力学特性の向上と分子運動の関係
〇平手志歩, 信川省吾, 猪股克弘
■第103回高分子材料セミナー
  オンライン,2020年12月21日
☆優秀発表賞
主鎖にアゾベンゼンユニットを導入した非晶性ポリエステルの光可塑化現象
〇木村友也,信川省吾,林幹大,猪股克弘
☆優秀発表賞
PEG鎖グラフトポリメチルアクリレートのレオロジー特性に与える金属塩添加効果
〇丹羽将徳,信川省吾,猪股克弘
■3rd G'L'owing Polymer Symposium in KANTO
  オンライン,2020年11月28日
☆Best Presentation Award
Modulus enhancement and dynamics of rod-like low-mass molecule in polycarbonate
〇Mai Maeda, Shogo Nobukawa, Katsuhiro Inomata
Aggregation Structure and Thermal Properties of Polypeptide-containing Polyurea Elastomer with Dynamic Covalent Bonds
〇Kohei Hattori, Yuma Sawada, Shogo Nobukawa, Katsuhiro Yamamoto, Katsuhiro Inomata
■2020年度東海高分子研究会学生発表会
  オンライン,2020年11月7日
アゾベンゼンの光異性化がポリカ―ボネートのガラス転移に与える影響
〇前田真衣, 信川省吾, 猪股克弘
動的共有結合を有するポリペプチド含有ポリウレア共重合体の結合交換反応と凝集構造
〇服部滉平, 信川省吾, 山本勝宏, 猪股克弘
添加剤によるPMMAの力学特性と分子運動の関係
〇平手志歩,信川省吾,股克弘
■第32回高分子加工技術討論会
  愛知(名古屋市工業研究所),2020年10月29‐30日
動的共有結合を有するポリペプチド含有ポリウレアの構造と熱的特性
〇服部滉平, 沢田湧馬, 信川省吾, 山本勝宏, 猪股克弘
金属塩添加によるPMMA/EVOHブレンドの透明性と引張特性への影響
〇洞田真由, 信川省吾, 猪股克弘
■第13回西日本支部学生ワークショップ
  オンライン,2020年10月23日
同種の架橋鎖から成るIPNアクリルフィルムの力学特性と膨潤鎖の影響
〇坂間駿土, 信川省吾, 猪股克弘
PMMA/EVOH非相溶ブレンドフィルムの透明化と靭性向上
〇洞田真由, 信川省吾, 猪股克弘
紫外光照射によるアゾベンゼン側鎖導入ポリメタクリル酸メチルの高靭性化
〇榊原伸,信川省吾,猪股克弘
■第68回レオロジー討論会
  オンライン,2020年10月21‐22日
分子の配向と運動性に基づいた高分子光学材料の力学および光学特性制御に関する研究(受賞講演)
〇信川省吾
PMMA延伸フィルムにおける力学異方性低減と靭性向上
〇信川省吾,柘植茉名美,猪股克弘
■関西レオロジー研究会(第78回例会)
  オンライン,2020年10月2日
ガラス状高分子の力学強度に対する分子運動や配向の影響
〇信川省吾
■サイエンス&テクノロジーセミナー
  オンライン,2020年9月29日
<高分子光学材料の設計・開発>に向けた複屈折の基礎と制御の仕方
〇信川省吾
■プラスチック成形加工学会 第173回講演会(第2回若手奨励賞受賞講演会)
  オンライン,2020年9月25日
添加剤によるポリカーボネートの力学・光学物性制御(受賞講演)
〇信川省吾
■第69回高分子討論会
  オンライン,2020年9月16‐18日
低分子添加によるポリカーボネートの剛性向上と分子ダイナミクスの関係
〇信川省吾,前田真衣,猪股克弘,竹下宏樹,徳満勝久
紫外光照射によるアゾベンゼン導入非晶性ポリエステルの光可塑化現象
〇木村友也,信川省吾,林幹大,猪股克弘
分子鎖形態が異なる架橋鎖が相互侵入したhomo-IPNアクリルフィルムの力学特性
〇坂間駿土, 信川省吾, 猪股克弘
動的共有結合を有するポリペプチド含有ポリウレアエラストマーの凝集構造
〇服部滉平, 沢田湧馬, 信川省吾, 山本勝宏, 猪股克弘
添加剤によるPMMAの弾性率向上メカニズムの解明
〇平手志歩,前田真衣,信川省吾,猪股克弘
リチウム塩添加によるPMMA/EVOHブレンドの透明性向上
〇洞田真由, 信川省吾, 猪股克弘
■技術情報協会セミナー
  オンライン,2020年7月8日
高分子フィルムの複屈折と応力測定
〇信川省吾
■プラスチック成形加工学会第31回年次大会
  東京(タワーホール船堀):中止,2020年6月24-25日
PMMA延伸フィルムにおける力学異方性低減と靭性向上
〇信川省吾,柘植茉名美,猪股克弘
ポリカーボネートの剛性向上における低分子の運動と自由体積の関係
〇前田真衣, 信川省吾, 猪股克弘
同種の架橋ポリマーが相互侵入したアクリルフィルムの力学特性
〇坂間駿土, 信川省吾, 猪股克弘
リン酸系低分子添加PMMA の弾性率向上のメカニズム解明
〇平手志歩,前田真衣,信川省吾,猪股克弘
■第69回高分子学会年次大会
  福岡(福岡国際会議場):中止,2020年5月27-29日
動的共有結合を有するポリペプチド含有ポリウレアエラストマーの自己修復特性
〇服部滉平, 信川省吾, 杉本英樹, 猪股克弘
PMMA/EVOH非相溶ブレンドフィルムの透明性向上
〇洞田真由, 信川省吾, 猪股克弘
■日本レオロジー学会 第47年会
  中止,2020年5月13日-14日
ポリカーボネートの高弾性化と自由体積変化
〇前田真衣,信川省吾,猪股克弘
コンニャクグルコマンナンとポリビニルアルコールからなる三重架橋ゲルのレオロジー特性
〇久保中茜,Junsoo Park,岩瀬皓紀,杉本雅信,信川省吾,猪股克弘
アゾベンゼン側鎖導入によるポリメタクリル酸メチルの靭性向上
〇榊原伸,信川省吾,猪股克弘

このページのトップへ                              ←戻る


2019年度
■The 15th International Workshop for East Asian Young Rheologists (IWEAYR-15)
  中国, 長春,2020年1月8~11日
Aggregation Structure and Mechanical Properties of Physically Cross-Linked Elastomer Containing Polypeptide Blocks
〇Yuma Sawada, Shogo Nobukawa, Katsuhiro Inomata
TBA
〇Manami Tsuge, Shogo Nobukawa, Katsuhiro Inomata
TBA
〇Yuki Nakayama, Shogo Nobukawa, Katsuhiro Inomata
Birefringence control of poly(methyl methacrylate) doped photo-isomerizable molecules by UV irradiation
〇Asami Hara, Shogo Nobukawa, Katsuhiro Inomata
■第33回東海支部若手繊維研究会
  愛知(名古屋工業大学),2019年12月7日
生体由来高分子エラスチンに疎水性アルキル鎖を導入したハイドロゲルの力学特性と形状記憶特性の評価
〇中山勇輝,安住竜太,信川省吾,猪股克弘
■第28回 ポリマー材料フォーラム
  愛知(ウインクあいち),2019年11月21~22日
外部刺激により光学特性が可逆的に変化する高分子材料
〇信川省吾,猪股克弘(招待講演)
PEG鎖グラフトPMMAの引張特性に及ぼす分子配向とリチウム塩添加の影響
〇柘植茉名美,信川省吾,猪股克弘
エラスチン含有ハイドロゲルの調製と形状記憶能
〇伊藤咲帆,坂本晃一,安住竜太,中山勇輝,信川省吾,猪股克弘
動的共有結合を有するポリペプチド含有物理架橋エラストマーの調製
〇服部滉平, 沢田湧馬, 信川省吾, 杉本英樹, 猪股克弘
■プラスチック成形加工学会 成形加工シンポジア’19
  香川(サンポートホール高松),2019年11月12~13日
ポリカーボネートと添加剤分子のダイナミクスと逆可塑化の関係
〇前田真衣,信川省吾,猪股克弘
アゾベンゼン添加アクリルフィルムの靭性向上と光異性化の関係
〇鷲見拓哉,信川省吾,猪股克弘
光異性化を利用した透明高分子フィルムの複屈折制御
〇原亜紗美, 絹村大樹, 信川省吾, 猪股克弘
動的共有結合を有するポリペプチド含有ポリウレアエラストマーの調製
〇服部滉平, 沢田湧馬, 信川省吾, 杉本英樹, 猪股克弘
ヒドロキシ基を有する高分子の添加によるPMMAの引張特性への影響
〇洞田真由,柘植茉名美,信川省吾,猪股克弘
■第50回中部化学関係学協会支部連合秋季大会
  長野(信州大学 松本キャンパス),2019年11月9~10日
炭素繊維を用いた高分子複合材料の形状記憶特性
〇増谷勇佑,信川省吾,猪股克弘
■2019年度繊維学会秋季研究発表会
  長野(信州大学 繊維学部),2019年11月9~10日
生体由来高分子エラスチンに疎水性アルキル鎖を導入したハイドロゲルの調製と形状記憶特性の評価
〇中山勇輝,安住竜太,信川省吾,猪股克弘
■第101回高分子材料セミナー
  大阪(大阪市立大学文化交流センター),2019年11月6日
疎水性アルキル鎖を導入したエラスチンハイドロゲルの調製と形状記憶特性の評価
〇中山勇輝,安住竜太,信川省吾,猪股克弘
光異性化を利用した非晶性ポリエステルの光可塑化
〇木村友也,信川省吾,林幹大,猪股克弘
■第31回高分子加工技術討論会
  愛知(名古屋市工業研究所),2019年10月24~25日
ポリペプチドを成分鎖とする物理架橋エラストマーの凝集構造と力学特性
〇沢田湧馬,信川省吾,山本勝宏,猪股克弘
分子配向と静電相互作用導入によるPEG鎖グラフトPMMAの引張特性の向上
〇柘植茉名美,信川省吾,猪股克弘
■第67回レオロジー討論会
  滋賀(滋賀県立大学),2019年10月16~18日
光異性化を利用した脆性高分子の靱性向上と分子運動性の関係
〇信川省吾,鷲見拓哉,猪股克弘
ポリカーボネートに束縛された逆可塑剤分子のダイナミクス
〇前田真衣,信川省吾,猪股克弘
光異性化分子を添加したポリメタクリル酸メチル延伸フィルムの光誘起複屈折変化
〇原亜紗美, 絹村大樹, 信川省吾, 猪股克弘
Homo-IPNアクリルフィルムの熱的及び力学的性質
〇坂間駿土,信川省吾,猪股克弘
アゾベンゼンを導入した非晶性ポリエステルの光可塑化現象
〇木村友也,信川省吾,林幹大,猪股克弘
■サイエンス&テクノロジーセミナー
  東京,2019年9月30日
<高分子光学材料の設計・開発のための>偏光・複屈折の基礎と制御方法
〇信川省吾
■第68回高分子討論会
  福井(福井大学),2019年9月25~27日
分子配向による脆性高分子ガラスの高靱性化
〇信川省吾,澤井萌乃,猪股克弘
逆可塑化ポリカーボネートにおける低分子の束縛された運動
〇前田真衣,信川省吾,猪股克弘
紫外光照射によるアゾベンゼン添加ポリメタクリル酸メチルの脆性-延性転移と光異性化の関係
〇鷲見拓哉,信川省吾,猪股克弘
リン酸エステル添加によるPMMA の逆可塑化と分子運動性
〇平手志歩,前田真衣,信川省吾,猪股克弘
水酸基を持つ高分子とのブレンドによるPMMAフィルムの引張特性への影響
〇洞田真由,柘植茉名美,信川省吾,猪股克弘
■技術情報協会セミナー
  東京,2019年9月4日
高分子フィルムの複屈折と応力測定
〇信川省吾
■第169回東海高分子研究会講演会
  三重(湯元グリーンホテル),2019年8月30~31日
低分子の運動異方性と逆可塑化ポリカーボネートの局所運動
〇前田真衣,信川省吾,猪股克弘
疎水性アルキル鎖を導入したエラスチンハイドロゲルの力学特性の評価
〇中山勇輝,安住竜太,信川省吾,猪股克弘
光異性化分子添加PMMAの紫外光による複屈折変化
〇原亜紗美, 信川省吾, 猪股克弘
炭素繊維を用いた形状記憶高分子複合材料の調製と特性
〇増谷勇佑,信川省吾,猪股克弘
■47th IUPAC World Chemistry Congress (IUPAC 2019 Paris)
  France, Paris,2019年7月7~12日
Design of birefringence property for cellulose ester / xylan ester blend films
〇Shogo Nobukawa
■プラスチック成形加工学会第30回年次大会
  東京(タワーホール船堀),2019年6月12~13日
光異性化により誘起されるガラス状高分子の脆性-延性転移
〇信川省吾,鷲見拓哉,猪股克弘
■繊維学会年次大会
  東京(タワーホール船堀),2019年6月5~7日
ポリペプチドを成分鎖とするポリウレア型エラストマーの調製と力学特性
〇沢田湧馬,信川省吾,杉本英樹,猪股克弘
アルキル鎖導入により疎水化したエラスチンハイドロゲルの調製と力学特性
〇中山勇輝、安住竜太、信川省吾、猪股克弘
光照射下のアゾベンゼン添加ポリカーボネートにおける光弾性挙動
〇原亜紗美, 信川省吾, 猪股克弘
■第68回高分子学会年次大会
  大阪(大阪府立国際会議場),2019年5月29~31日
アゾベンゼン添加高分子フィルムの配向複屈折に対する光異性化の影響
〇信川省吾,石本達紀,猪股克弘
ポリカーボネート中の逆可塑剤分子の運動の異方性
〇前田真衣,信川省吾,猪股克弘
光異性化を利用したポリメタクリル酸メチルの脆性-延性転移
〇鷲見拓哉,信川省吾,猪股克弘
炭素繊維とエポキシ樹脂を用いた複合材料の形状記憶メカニズム
〇増谷勇佑,信川省吾,猪股克弘
■日本レオロジー学会 第46年会
  京都(京都工芸繊維大学),2019年5月8~9日
光異性化により誘起されるガラス状高分子の脆性-延性転移
〇信川省吾,鷲見拓哉,猪股克弘
ポリカーボネート中に束縛された棒状低分子のダイナミクス
〇前田真衣,信川省吾,猪股克弘

このページのトップへ                              ←戻る


2018年度
■2019年電子情報通信学会 総合大会
  東京(早稲田大学),2019年3月19~22日
配向相関を利用した高分子延伸フィルムの高機能化
〇信川省吾(招待講演)
■2018年度繊維学会東海支部講演会
  愛知(名古屋工業大学),2019年3月8日
透明高分子材料の強度化および光学特性制御
〇信川省吾(招待講演)
■日本レオロジー学会中部支部第13回修士論文発表会
  愛知(名古屋工業大学),2019年3月5日
コンニャクグルコマンナンのゲル化およびゾル化メカニズム
〇岩瀬皓紀
ポリペプチドを架橋点とするエラストマーの調製およびその構造と力学特性
〇坪井優之介
逆可塑化ポリカーボネートの成分ダイナミクス
〇前田真衣
■The 14th International Workshop for East Asian Young Rheologists (IWEAYR-14)
  愛知(名古屋工業大学、KKRホテル名古屋),2019年1月23日~26日
Relation between component dynamics in antiplasticized polycarbonate
〇Mai Maeda, Shogo Nobukawa, Katsuhiro Inomata
Effects of hydrophobic modification on mechanical properties of elastin hydrogels
〇Yuki Nakayama, Ryota Azumi, Shogo Nobukawa, Hideki Sugimoto, Katsuhiro Inomata
Stress-birefringence relaxation of polycarbonate doped azobenzene by photo-isomerization
〇Asami Hara, Shogo Nobukawa, Katsuhiro Inomata
■プラスチック成形加工学会 成形加工シンポジア'18
  静岡(グランドホテル浜松)、2018年11月26~27日
分子配向にともなうアクリルフィルムの脆性-延性転移
〇信川省吾, 澤井萌乃, 猪股克弘
アゾベンゼン添加高分子フィルムの複屈折の光制御と分子構造の関係
〇石本達紀, 信川省吾, 猪股克弘
リチウム塩添加によるPEG鎖グラフトPMMAの靱性向上と分子間相互作用の関係
〇柘植茉名美, 信川省吾, 猪股克弘
■第27回ポリマー材料フォーラム
  東京(タワーホール船堀)、2018年11月21~22日
構造色を発現するコロイド結晶エラストマーの調製とその歪応答性構造色変化
〇石橋香苗,信川省吾,杉本英樹,中西英二,猪股克弘
水溶性多糖類コンニャクグルコマンナンのハイドロゲル形成機構と再ゾル化
〇岩瀬皓紀,信川省吾,猪股克弘,太田浩晃
■2018年度九州地区高分子若手研究会・冬の講演会
   宮崎(宮崎市民プラザ),2018年11月9日
配向および構造制御による高分子光学フィルムの高性能化・高機能化
〇信川省吾(招待講演)
■第49回 中部化学関係学協会支部連合秋季大会
  愛知(名古屋大学),2018年11月3日
配向相関を利用した高分子延伸フィルムの高機能化
〇信川省吾(招待講演)
■第30回高分子加工技術討論会記念大会
  愛知(名古屋市工業研究所)、2018年10月25~26日
ポリペプチドを架橋鎖とするエラストマーの調製と力学特性
〇坪井優之介,信川省吾,猪股克弘
アゾベンゼン導入高分子フィルムにおける複屈折の光制御
〇石本達紀,信川省吾,猪股克弘
■技術情報協会セミナー
  東京,2018年10月23日
高分子材料における偏光・複屈折の基礎と測定結果の解析事例
〇信川省吾
■第66回レオロジー討論会
  福岡(リファレンス駅東ビル)、2018年10月17~19日
分子配向によるガラス状高分子の脆性‐延性転移
〇信川省吾,澤井萌乃,柘植茉名美,猪股克弘
逆可塑化ポリカーボネート中の低分子ダイナミクスの異方性
〇前田真衣,信川省吾,猪股克弘
コンニャクグルコマンナンのゲル化およびゾル化に関する研究
〇岩瀬皓紀,信川省吾,猪股克弘,太田浩晃
紫外光照射によるアゾベンゼン添加ポリメタクリル酸メチルの脆性‐延性転移
〇鷲見拓哉,信川省吾,猪股克弘
光照射によるアゾベンゼン添加高分子の応力緩和と光弾性効果
〇原亜紗美, 信川省吾, 猪股克弘
■サイエンス&テクノロジーセミナー
  東京,2018年9月26日
高分子材料における偏光・屈折率・複屈折の基礎と光学特性制御
〇信川省吾
■第67回高分子討論会(中止)
  北海道(北海道大学)、2018年9月12~14日
ミクロ相分離構造を形成するグラフト共重合体の形状記憶能
高木羽菫,信川省吾,〇猪股克弘
ポリペプチドをクロスリンカーとするエラストマーの架橋構造と力学特性
〇坪井優之介,信川省吾,杉本英樹,猪股克弘
■第165回東海高分子研究会講演会(夏期合宿)
  愛知(形原温泉 鈴岡旅館)、2018年8月24~25日
アルカリ溶液がコンニャクグルコマンナン分子に及ぼす影響
〇岩瀬皓紀,信川省吾,杉本英樹,猪股克弘,太田浩晃
逆可塑剤低分子の運動がポリカーボネートの局所運動に与える影響
〇前田真衣,信川省吾,猪股克弘
低分子添加ポリメタクリル酸メチルの逆可塑化効果と分子運動特性
〇平手志歩,前田真衣,信川省吾,猪股克弘
■World Polymer Congress, Macro 2018
  Cairns, Australia, 2018年7月1~5日
Photo-elastic property of oriented polycarbonate film
〇S. Nobukawa
■プラスチック成形加工学会第29回年次大会
  東京(タワーホール船堀), 2018年6月20~22日
ポリメチルメタクリレートフィルムの引張特性に与える分子配向の影響
〇信川省吾,澤井萌乃,柘植茉名美,猪股克弘
逆可塑化ポリカーボネートの力学物性と低分子ダイナミクスの関係
〇前田真衣,信川省吾,猪股克弘
炭素繊維/熱硬化性樹脂複合材料の形状記憶特性
〇増谷勇佑, 信川省吾, 猪股克弘
紫外光を利用したアゾベンゼン添加ポリカーボネートの複屈折変化
〇原亜紗美, 信川省吾, 猪股克弘
PEG鎖グラフトPMMAの引張特性に対する金属塩添加の影響
〇植茉名美, 野場亮汰, 信川省吾, 猪股克弘
アゾベンゼンの光異性化が高分子マトリックスのガラス転移に与える影響
〇鷲見拓哉, 信川省吾, 猪股克弘
■The 7th Pacific Rim Conference on Rheology (PRCR 2018)
  Ceju, Korea, 2018年6月10~15日
Unique Color Changing Behavior of Structural Colored Elastomers in Organic Solvent
〇K. Inomata
Anisotropy of photo-elastic coefficient in oriented polycarbonate film
〇S. Nobukawa (invited)
Effect of Antiplasticizer Size on Local Dynamics of Polycarbonate
〇M. Maeda, S. Nobukawa, K. Inomata
■第67回高分子年次大会
  愛知(名古屋国際会議場)、2018年5月23~25日
配向相関やポーラス構造を利用したバイオベースプラスチックの複屈折制御
〇信川省吾(招待講演)
ポリペプチドを架橋鎖とする化学架橋エラストマーの調製と力学特性
〇坪井優之介,信川省吾,杉本英樹,猪股克弘
逆可塑化ポリカーボネートの局所運動と引張特性の関係
〇前田真衣,信川省吾,猪股克弘
アゾベンゼン含有高分子マトリックスの光可塑化
〇鷲見拓哉,信川省吾,猪股克弘
リチウム塩を添加したPEG鎖グラフトPMMAの引張特性
〇柘植茉名美,野場亮太,信川省吾,猪股克弘
炭素繊維/エポキシ樹脂複合材料の形状記憶特性
〇増谷勇佑,信川省吾,猪股克弘
ポリペプチドを成分鎖とするポリウレア型物理架橋エラストマーの調製と力学特性
〇沢田湧馬,坪井優之介,信川省吾,杉本英樹,猪股克弘
エラスチンハイドロゲルの力学物性に及ぼす疎水化修飾の影響
〇中山勇輝,安住竜太,信川省吾,杉本英樹,杉田修啓,猪股克弘
アゾベンゼン添加ポリカーボネートフィルムの光異性化と複屈折変化
〇原亜紗美,信川省吾,猪股克弘

このページのトップへ                              ←戻る


2017年度
■日本レオロジー学会中部支部第12回修士論文発表会
  岐阜大学 サテライトキャンパス、2018年3月2日
エラスチン含有ハイドロゲルの形状記憶特性
○安住竜太
カーボンナノチューブ/ポリ(γ-ベンジル L-グルタメート)複合材料の調製と力学特性
○花村英里
■高分子基礎研究会2017
  ニューサンピア敦賀、2017年11月24~26日
コンニャクグルコマンナンゲルに関する研究
岩瀬皓紀,信川省吾,杉本英樹,○猪股克弘,太田浩晃
アゾベンゼン添加高分子フィルムの配向複屈折と光異性化
○信川省吾,絹村大樹,猪股克弘
生体由来高分子を用いたハイドロゲルの形状記憶特性
○安住竜太,信川省吾,杉本英樹,猪股克弘
逆可塑化ポリカーボネートの分子ダイナミクス
○前田真衣,信川省吾,猪股克弘
コンニャクグルコマンナンのゲル化に及ぼすアルカリ凝固剤の影響
○岩瀬皓紀,信川省吾,杉本英樹,猪股克弘,太田浩晃
■プラスチック成形加工学会 成形加工シンポジア'17
  大阪国際会議場、2017年10月31~11月1日
逆可塑化ポリカーボネートの引張特性に与える動的不均一性の影響
○信川省吾,前田真衣,猪股克弘
ミクロ相分離構造を形成する非晶性-結晶性グラフト共重合体から成る形状記憶高分子に関する研究
○高木羽菫,信川省吾,杉本英樹,猪股克弘
アクリルフィルムの引張特性に与える配向と分子間相互作用の影響
○澤井萌乃,柘植茉名美,信川省吾,猪股克弘
■第29回高分子加工技術討論会
  名古屋市工業研究所、2017年10月23~10月24日
金属塩を添加したPMMA延伸フィルムの引張特性と分子間相互作用の関係
○澤井萌乃,信川省吾,猪股克弘
溶媒膨潤過程におけるコロイド結晶固定化フィルムの構造色変化
○石橋香苗,Xue Bai,Xing Shi,信川省吾,杉本英樹,中西英二,猪股克弘
65回レオロジー討論会
  新潟 
朱鷺メッセ2017年10月17~19日
逆可塑化ポリカーボネートの力学特性と局所ダイナミクスの関係
○信川省吾,前田真衣,猪股克弘
逆可塑PCの引張特性に与える運動の不均一性
○前田真衣,猪股克弘,信川省吾
■25th POLYCHAR 2017
  Putra World Convention Centre, Kuala Lumpur, Malaysia、2017年10月9~13日
Photo-elastic Property of Antiplasticized Polycarbonate
○Shogo Nobukawa (invited)
Shape memory effect of elastin-based hydrogel
○Ryota Azumi, Shogo Nobukawa, Hideki Sugimoto, Katsuhiro Inomata

66回高分子討論会
  愛媛大学、2017年9月2022日

逆可塑剤添加ポリカーボネートの力学物性とダイナミクス
○信川省吾,前田真衣,猪股克弘
エラスチンを用いたハイドロゲルの形状記憶特性
○安住竜太,坂本晃一,信川省吾,杉本英樹,中西英二,猪股克弘
■S&Tセミナー
  東京、2017年9月13日
高分子材料のオプティクス入門講座~偏光・屈折率・複屈折の基礎と制御~
○信川省吾
■第161回東海高分子研究会(夏季合宿)
   西浦温泉ホテルたつき、2017年9月1~2日
エラスチン含有ハイドロゲルの形状記憶特性
○安住竜太,坂本晃一,信川省吾,杉本英樹,猪股克弘
アクリルフィルムの引張強度に対する主鎖配向の影響
○澤井萌乃,信川省吾,猪股克弘

■8月セミナー(R&D支援センター)
  東京 江東区産業会館2017824日

高分子光学材料における偏光・複屈折の基礎と計測
○信川省吾
47回繊維学会夏季セミナー
  岐阜 みんなの森 岐阜メディアコスモス、2017
88~10
多孔質ポリペプチドゲルの調製とその溶媒応答性
○花村英里,信川省吾,杉本英樹,中西英二,猪股克弘
コンニャクグルコマンナンのアルカリ添加によるゲル化に関する研究
○岩瀬皓紀,信川省吾,杉本英樹,中西英二,猪股克弘,太田浩晃
■プラスチック成形加工学会 第28回年次大会
  東京 タワーホール船堀、2017年6月14~15日
光異性化分子を導入したアクリルフィルムの配向複屈折
○信川省吾, 絹村大樹, 猪股克弘
■平成29年度繊維学会年次大会
  東京 タワーホール船堀、2017年6月7~9日
構造色エラストマーの溶媒膨潤過程における構造色変化
Xue Bai,Xing Shi,信川省吾,杉本英樹,中西英二,○猪股克弘
コンニャク製品から調製したバイオマスプラスチックの物性評価
大島直人,信川省吾,杉本英樹,中西英二,○猪股克弘,太田浩晃
■第66回高分子学会年次大会
  千葉 幕張メッセ、2017年5月29~31日
光により可逆的に複屈折が変化するアクリルフィルム
○信川省吾, 絹村大樹, 猪股克弘
エラスチンを用いた形状記憶ハイドロゲルの調製
○安住竜太, 信川省吾. 杉本英樹, 中西英二, 猪股克弘
高分子マトリックス中に固定化した微粒子集積体の構造色発現
○石橋香苗, 師星, 信川省吾, 杉本英樹, 中西英二, 猪股克弘
逆可塑化ポリカーボネート中の低分子ダイナミクス
○前田真衣,信川省吾,猪股克弘
■日本レオロジー学会第44年会
  京都 京都大学黄檗プラザ、2017年5月18~19日
PMMAガラス中の光異性化分子の配向メモリ
○信川省吾,絹村大樹,猪股克弘
PMMA側鎖に導入したアゾベンゼンの光異性化と配向状態
○石本達紀,絹村大樹,信川省吾,猪股克弘
コンニャクグルコマンナンのゲル化機構の検討
○岩瀬皓紀,信川省吾,杉本英樹,中西英二,猪股克弘,太田浩晃
ポリカーボネートの局所運動に対する逆可塑剤分子のサイズ効果
○前田真衣,信川省吾,猪股克弘

このページのトップへ                              ←戻る


2016年度
■日本レオロジー学会中部支部第11回修士論文発表会
  名古屋大学、2017年3月1日
コンニャクを再利用したバイオマスプラスチックの調製と物性評価
○大島直人
光異性化分子を用いたアクリルフィルムの複屈折制御
○絹村大樹
■高分子基礎研究会2016
  かんぽの宿 鳥羽、2017年1月27~29日
構造色エラストマーが示す溶媒膨潤による構造色変化
白雪,師星,信川省吾,○猪股克弘
ポーラス構造を利用したセルロースエステルフィルムの複屈折制御
○信川省吾
アクリルフィルムの光誘起複屈折
○絹村大樹,信川省吾,猪股克弘
エラスチンハイドロゲルの調製と形状記憶特性
○安住竜太,信川省吾,猪股克弘
■H28年度 高分子講演会(東海)
  アクトシティ浜松、2016年12月20日
高分子材料の複屈折におよぼす分子配向やミクロ構造の影響
○信川省吾
■第 30回東海支部若手繊維研究会
  岐阜大学、2016年12月10日
高分子マトリックス中に固定化した微粒子集積体の構造色発現に関する研究
○師星,信川省吾,杉本英樹,中西英二,猪股克弘
アゾベンゼンを用いたPMMA光学フィルムの複屈折制御
○絹村大樹,信川省吾,猪股克弘
■第25回ポリマー材料フォーラム
  名古屋国際会議場、2016年11月10~11日
高分子延伸フィルムの光学異方性と力学強度の関係
○信川省吾
コンニャクゲルを原料とするバイオマス材料の調製
○大島直人,信川省吾,杉本英樹,中西英二,猪股 克弘
光異性化する高分子フィルムの複屈折
○絹村大樹,信川省吾,猪股克弘
非晶性-結晶性グラフト共重合体のミクロ相分離構造と形状記憶特性に関する研究
○高木羽菫,信川省吾,杉本英樹,中西英二,猪股 克弘
■第28回高分子加工技術討論会
  名古屋市工業研究所、2016年10月31~11月1日
コンニャクを原料とするバイオマスプラスチックの調製
○大島直人,信川省吾,杉本英樹,中西英二,猪股克弘
光により複屈折が変化するPMMA 光学フィルム
○絹村大樹,信川省吾,猪股克弘
■第64回レオロジー討論会
  大阪大学豊中キャンパス、2016年10月28~30日
PMMA延伸フィルム中におけるアゾベンゼンの光異性化と複屈折変化
絹村大樹,○信川省吾,猪股克弘
■9月サイエンス&テクノロジーセミナー
  東京、2016年9月30日
高分子材料の偏光・屈折率・複屈折の入門講座
○信川省吾
■9月技術情報協会セミナー
  東京、2016年9月20日
高分子材料における複屈折の発現メカニズムと制御事例
○信川省吾
■第65回高分子討論会
  神奈川大学、2016年9月14~16日
一軸延伸セルロースアセテートフィルムの三次元屈折率制御
○信川省吾,山口政之
紫外光によるアゾベンゼン含有ポリマーフィルムの複屈折制御
○絹村大樹,信川省吾,猪股克弘
ガラス転移温度の異なる高分子微粒子集積体を固定化したエラストマーの歪応答性構造色変化
○師星,江本麗未,石橋香苗,信川省吾,杉本英樹,中西英二,猪股克弘
Unique solvent responsive color changing behavior of structural colored elastomers in organic solvents
○Bai Xue,師星,信川省吾,杉本英樹,中西英二,猪股克弘
■第157回東海高分子研究会(夏季合宿)
  長良川観光ホテル、2016年9月2~3日
透明高分子材料の力学および光学的性質の制御
○信川省吾
光異性化による高分子フィルムの複屈折制御
○絹村大樹,信川省吾,猪股克弘
エラスチンハイドロゲルの溶媒に応答した形状記憶挙動
○安住竜太,信川省吾,猪股克弘
側鎖構造を利用した高強度透明高分子材料の創成
○澤井萌乃,信川省吾,猪股克弘
PBLGを架橋点としたエラストマー調製とその力学特性の調査
○坪井優之介,信川省吾,猪股克弘
■ICR2016
  京都、2016年8月7~13日
Mechanical and optical properties of anti-plasticized polycarbonate
○Shogo Nobukawa, Masayuki Yamaguchi
■プラスチック成形加工学会第27回年次大会
  タワーホール船堀、2016年6月14~15日
エラスチン/アクリル系高分子IPN型ハイドロゲルの力学特性と形状記憶能
坂本晃一, 安住竜太, 信川省吾, 杉本英樹,中西英二,○猪股克弘
セルロースアセテート延伸フィルムの複屈折と置換位置の関係
○信川省吾, ロジャース有希子, 岩田忠久, 山口政之
アゾベンゼン / 高分子フィルムの複屈折制御
○絹村大樹, 信川省吾, 猪股克弘
■第65回高分子学会年次大会
  神戸国際会議場、2015年5月25~27日
IPN構造を有するエラスチン含有ハイドロゲルの調製と形状記憶能
坂本晃一,安住竜太,王軍鋒,信川省吾,杉本英樹,中西英二,杉田修啓,松本健郎,○猪股克弘
コンニャク製品を再利用したバイオマスプラスチックの調製と物性評価
○大島直人,信川省吾,杉本英樹
エラスチンを用いたハイドロゲルの溶媒応答性形状記憶特性
○安住竜太,坂本晃一,王軍鋒,信川省吾,杉本英樹,中西英二,杉田修啓,松本健郎,猪股克弘
凍結乾燥法による空孔構造を利用した多孔質ポリペプチドゲルの調製とその膨潤-収縮挙動
○花村英里,信川省吾,杉本英樹,中西英二,猪股克弘

このページのトップへ                              ←戻る

2015年度
■第27回高分子加工技術討論会
  名古屋市工業研究所、2015年10月26~27日
構造色を発現するコロイド結晶エラストマーの調製とその歪応答性構造色変化
○江本麗未,伊藤竜規,猪股克弘,杉本英樹,中西英二
IPN構造を有するエラスチン含有ハイドロゲルの調製と形状記憶特性
○坂本晃一,猪股克弘,杉本英樹,中西英二
■平成27年度 繊維学会秋季研究発表会
  京都工芸繊維大学、2015年10月22~23日
液晶紡糸により調製したポリペプチド繊維のゲル化とその異方的な膨潤挙動
○舘直宏、猪股克弘、杉本英樹、中西英二
■第63回レオロジー討論会
  神戸大学工学部、2015年9月23~25日
コロイド結晶固定化エラストマーの力学的性質と歪応答性構造色変化
○猪股克弘、伊藤竜規、江本麗未、杉本英樹、中西英二
■第64回高分子討論会
  東北大学川内キャンパス、2015年9月15~17日
メタクリロイル基を有するポリマーを修飾したカーボンブラックとポリメタクリル酸メチルとの有機―無機複合材料の調製と物性評価
○松永 洸紀、猪股 克弘、杉本 英樹、中西 英二
エラスチン含有ハイドロゲルの調製と形状記憶特性
○坂本 晃一、猪股 克弘、杉本 英樹、中西 英二
ヘリックス-コイル転移が誘起する一軸配向ポリペプチドゲルの異方的膨潤収縮挙動
○猪股 克弘、水谷 圭佑、井口 裕也、舘 直宏、杉本 英樹、中西 英二
■平成27年度繊維学会年次大会
  タワーホール船堀、2015年6月10~12日
歪応答性構造色エラストマーの構造と発色挙動
○猪股克弘、伊藤竜規、桂千尋、江本麗未、杉本英樹、中西英二
■第64回高分子学会年次大会
  札幌コンベンションセンター、2015年5月27~29日
角度依存性のない構造色フィルムの調製とその発色挙動の調査
桂 千尋、○江本 麗未、猪股 克弘、杉本 英樹、中西 英二
様々なモノマーで膨潤した微粒子集積体およびその重合体の構造色発現
○師 星、江本 麗未、桂 千尋、猪股 克弘、杉本 英樹、中西 英二

このページのトップへ                              ←戻る


2014年度
■EMN MEETING on POLYMER (Energy Materials Nanotechnology)
DoubleTree by Hilton Hotel Orlando at SeaWorld, Orlando, FL, USA, January 7-10, 2015
Anisotropic Swelling Behavior Induced by Helix-Coil Transition in Liquid Crystalline Polypeptide
Gels
K. Inomata, K. Mizutani, Y. Iguchi, H. Sugimoto, E. Nakanishi
■第28回東海支部若手繊維研究会
  椙山女学園大学、2014年12月13日
エラスチン含有形状記憶高分子材料の調製
○坂本晃一、猪股克弘、杉本英樹、中西英二
ヘリックス-コイル転移が誘起するポリペプチド繊維の膨潤挙動の異方性
○舘直宏、井口裕也、水谷圭佑、猪股克弘、杉本英樹、中西英二
■第26回高分子加工技術討論会
  名古屋市工業研究所、2014年10月27~28日
一軸配向ポリペプチドハイドロゲルの温度応答性膨潤-収縮挙動
水谷圭佑,〇伊豆田沙央里,舘直宏,猪股克弘,杉本英樹,中西英二
架橋密度の異なるコロイド結晶エラストマーが示す歪応答性構造色変化
〇江本麗未,伊藤竜規,猪股克弘,杉本英樹,中西英二
■第62回レオロジー討論会
  福井市地域交流プラザ, 2014年10月15~17日
ポリウレタンエラストマー/結晶性ポリオキシエチレン高分子ブレンドの相分離構造と形状記憶能
山﨑靖子,倉橋英司,杉本英樹,中西英二,〇猪股克弘
■第63回高分子討論会
  長崎大学文教キャンパス、2014年9月24~26日
コロイド結晶ゲルフィルムが示す構造色の膨潤溶媒依存性
〇桂千尋、伊藤竜規、猪股克弘、杉本英樹、中西英二
コロイド結晶エラストマーが示す歪応答性構造色変化の架橋密度依存性
〇江本麗未、伊藤竜規、猪股克弘、杉本英樹、中西英二
ポリウレタンエラストマー/結晶性ポリオキシエチレン高分子ブレンドの形状記憶能
〇松永洸紀・山﨑靖子・猪股克弘・杉本英樹・中西英二
■IUPAC MACRO2014
  Chiangmai International Convention and Exhibition Ventre, Chiang Mai, Thailand, July 6-11, 2014
Strain-Responsive Structural Colored Elastomers by Fixing Colloidal Crystal Assembly
K. Inomata, T. Ito, C. Katsura, R. Emoto, H. Sugimoto, E. Nakanishi
■NIMS Conference 2014
  Tsukuba International Congress Center, Tsukuba, Japan, July 1-3, 2014
Coloring Phenomena of Colloidal Crystal Films Swollen in Various Solvents
C. Katsura, T. Ito, K. Inomata, H. Sugimoto, E. Nakanishi
■平成26年度繊維学会年次大会
  タワーホール船堀、2014年6月11~13日
一軸配向ポリペプチドゲルの異方的膨潤収縮挙動
水谷圭佑、井口裕也、舘直宏、杉本英樹、中西英二、〇猪股克弘
■第63回高分子学会年次大会
  名古屋国際会議場、2014年5月28~30日
一軸配向ポリペプチドハイドロゲルの温度応答性相転移挙動
水谷圭佑、〇舘直宏、猪股克弘、杉本英樹、中西英二
形状記憶能を有する高分子材料の分子設計
猪股克弘

このページのトップへ                              ←戻る


2013年度
■第27回東海支部若手繊維研究会
  豊田工業大学、2013年12月21日
ポリウレタンエラストマー/ポリエチレンオキシド高分子ブレンドが発現する形状記憶能
山﨑靖子・猪股克弘・杉本英樹・中西英二
■第25回高分子加工技術討論会
  名古屋市工業研究所、2013年10月21~22日
コロイド結晶フィルムの溶媒による膨潤発色挙動
桂千尋・伊藤竜規・猪股克弘・杉本英樹・中西英二
変形により構造色が変化するコロイド結晶固定化エラストマー
伊藤竜規,桂千尋,○猪股克弘,杉本英樹,中西英二
■第61回レオロジー学会討論会
  山形大学工学部, 2013年9月25~27日
化学架橋型グラフト共重合体の形状記憶能
八木義仁、○猪股克弘、杉本英樹、中西英二
■第62回高分子討論会
  金沢大学角間キャンパス, 2013年 9月11~13日
水/メタノール混合溶媒中におけるポリ(N-イソプロピルアクリルアミド)含有ジブロック共重合体の会合挙動
橋爪大輔、猪股克弘、杉本英樹、中西英二
温度応答性ポリペプチドを用いた一軸配向ハイドロゲルの異方的膨潤挙動
水谷圭佑、舘直宏、猪股克弘、杉本英樹、中西英二
■平成25年度繊維学会秋季研究発表会
  豊田工業大学, 2013年9月5~6日
ポリ(N-イソプロピルアクリルアミド)含有ブロック共重合体の調製とその会合挙動
橋爪大輔、長谷川香織、木下奏恵、猪股克弘、杉本英樹、中西英二
一軸配向ポリペプチド液晶ゲルのヘリックス -コイル転移と異方的形状変化
水谷圭佑、井口裕也、猪股克弘、杉本英樹、中西英二
グラフト側鎖を導入した化学架橋型形状記憶高分子の開発
八木義仁、○猪股克弘、杉本英樹、中西英二
ポリプロピレングリコールを側鎖に有する水溶性ポリペプチドの会合およびゲル化挙動
早川敏弘、○猪股克弘、杉本英樹、中西英二
■第62回高分子学会年次大会
  京都国際会館, 2013年5月29~31日
高分子微粒子集積体の膨潤発色挙動
桂千尋、伊藤竜規、猪股克弘、杉本 英樹、中西英二
架橋剤濃度の異なるポリペプチド液晶ゲルの膨潤-収縮特性と力学特性
舘直宏、井口裕也、水谷圭佑、猪股克弘、杉本英樹、中西英二
コロイド結晶を固定化した構造発色エラストマーの調製とその歪応答性
伊藤竜規、桂千尋、○猪股克弘、杉本英樹、中西英二

このページのトップへ                              ←戻る


2012年度
■日本レオロジー学会中部支部第7回修士論文発表会
  豊田工業大学、2013年3月1日
界面活性剤を利用した多孔質ゲルの調製と特性評価
長瀬真也、猪股克弘、杉本英樹、中西英二
温度応答性高分子を側鎖に修飾した水溶性ポリペプチドの会合・ゲル化挙動
早川敏弘、猪股克弘、杉本英樹、中西英二
■プラスチック成形加工学会第20回秋季大会 成形加工シンポジア
  ウィンク愛知、2012年11月30日~12月1日
PC/HIPS 樹脂とHIPS 樹脂とのブレンド試料の力学特性
猪股克弘、長谷川裕康、倉橋英司
潤滑剤が混入した耐衝撃性ポリスチレンの力学特性
猪股克弘、小木曽茉莉花、小林亜悠、長谷川裕康、永田謙二、杉本英樹、中西英二
■2012 年度 高分子計算機科学研究会・高分子基礎物性研究会・高分子ナノテクノロジー研究会
  合同討論会、東京工業大学蔵前会館、2012年11月21~22日
ピレニル基を修飾したCNT 分散剤の会合挙動と分散特性
吉田渉、大岩智哉、猪股克弘、杉本英樹、中西英二
温度応答性ポリペプチド鎖を用いた一軸配向液晶ハイドロゲルのヘリックス-コイル転移と膨潤挙動
水谷圭佑、井口裕也、猪股克弘、杉本英樹、中西英二
ポリペプチド一軸配向液晶ゲルのヘリックス-コイル転移と異方的膨潤挙動
猪股克弘、井口裕也、水谷圭佑、杉本英樹、中西英二
■第24回散乱研究会
  日本薬学会 長井記念ホール、2012年11月16日
会合性ポリペプチドのヘリックス-コイル転移による会合構造制御
猪股克弘
■第43回中部化学関係学協会支部連合秋季大会
  名古屋工業大学、2012年11月10~11日
両末端疎水化ポリペプチドの会合挙動に及ぼす分子量とヘリックス-コイル転移の影響
橋爪大輔、池井修子、粕谷真子、猪股克弘、杉本英樹、中西英二
■第24回高分子加工技術討論会
  名古屋市工業研究所、2012年10月15~16日
温度応答性高分子を修飾した両親媒性ポリペプチドの粘弾性挙動
早川敏弘, 猪股克弘, 杉本英樹, 中西英二
■第60回レオロジー討論会
  名古屋大学, 2012年9月26~28日
ポリウレタン/ポリエチレンオキシド高分子ブレンドの相分離構造と形状記憶能
山﨑 靖子、倉橋 英司、猪股 克弘、杉本 英樹、中西 英二
枝分かれポリメタクリル酸エチルの形状記憶能
小林暁史、○猪股 克弘、杉本 英樹、中西 英二
■第61回高分子討論会
  名古屋工業大学, 2012年9月19~21日
化学架橋型非晶性-結晶性グラフト共重合体の形状記憶能
八木 義仁,中川 恵介,猪股 克弘,杉本 英樹,中西 英二
温度応答性鎖を側鎖に有する水溶性ポリペプチドの会合挙動
早川 敏弘,猪股 克弘,杉本 英樹,中西 英二
高分子微粒子集積体を含むエラストマーの調製と発色現象
伊藤 竜規,猪股 克弘,杉本 英樹,中西 英二
■田中豊一記念シンポジウム2012
  酪農学園大学, 2012年6月29~30日
ポリペプチド一軸配向液晶ゲルの膨潤-収縮挙動
猪股克弘、井口裕也、水谷圭佑、杉本 英樹、中西 英二
■第61回高分子学会年次大会
  パシフィコ横浜, 2012年5月29~31日
高分子微粒子含有形状記憶ポリマーの調製と形状回復挙動
伊藤 竜規、猪股 克弘、杉本 英樹、中西 英二
ポリウレタンエラストマー/結晶性ポリエーテル高分子ブレンドの相分離構造と形状記憶能
山﨑 靖子、倉橋 英司、猪股 克弘、杉本 英樹、中西 英二
両末端ピレン修飾高分子の相挙動とカーボンナノチューブ分散特性
吉田 渉、大岩 智哉、猪股 克弘、杉本 英樹、中西 英二
両親媒性ポリペプチドの会合挙動に及ぼす分子量とヘリックス-コイル転移の影響
橋爪 大輔、池井修子、粕谷 真子、猪股 克弘、杉本 英樹、中西 英二
水溶性ポリペプチド鎖を用いた一軸配向液晶ゲルのヘリックス-コイル転移と膨潤挙動
水谷 圭佑、井口 裕也、猪股 克弘、杉本 英樹、中西 英二
界面活性剤が形成する液晶構造をテンプレートとしたハイドロゲルの調製とその膨潤・収縮挙動
長瀬 真也、猪股 克弘、杉本 英樹、中西 英二

このページのトップへ                              ←戻る


2011年度
■日本レオロジー学会中部支部第6回修士論文発表会
  豊田工業大学、2012年3月1日
両末端疎水化水溶性ポリペプチドの会合挙動に影響を与える要因に関する研究
池井修子
末端ピレン修飾高分子の会合挙動とカーボンナノチューブ分散特性
大岩智哉
■第23回高分子加工技術討論会
  名古屋市工業研究所、2011年10月17~18日
ピレン修飾親水性高分子のカーボンナノチューブ分散特性
大岩智哉, 小林亜悠, 猪股克弘, 杉本英樹, 中西英二
ポリウレタン/ポリオキシエチレン高分子ブレンドの形状記憶能
倉橋英司, ○猪股克弘, 杉本英樹, 中西英二
■第60回高分子討論会
  岡山大学津島キャンパス、2011年9月28~30日
両親媒性ポリペプチド水溶液の会合挙動
金田聖央, 池井修子, 早川敏弘, ○猪股克弘, 杉本英樹, 中西英二
分岐構造を有するポリメタクリル酸エチルが示す形状記憶能
小林暁史, 吉田拓央, 中川恵介, 猪股克弘, 杉本英樹, 中西英二
ポリペプチドを成分鎖とするブロック共重合佒のヘリックス-コイル転移による会合挙動変化
池井修子, 朋部ゆう, 粕谷真子, 猪股克弘, 杉本英樹, 中西英二
両末端ピレン修飾高分子の会合挙動とカーボンナノチューブ分散特性
大岩智哉, 吉田渉, 猪股克弘, 杉本英樹, 中西英二
ポリ[N5-(2-ヒドロキシエチル) L-グルタミン]一軸配向液晶ゲルのヘリックス-コイル転移と膨潤挙動
井口裕也, 猪股克弘, 杉本英樹, 中西英二
■第42回繊維学会夏季セミナー
  浜松アクトシティーコングレスセンター、2011年8月29~31日
疎水化修飾ポリペプチド水溶液の会合挙動
早川敏弘, 金田聖央, 池井修子, 猪股克弘, 杉本英樹, 中西英二
化学架橋した非晶性―結晶性グラフト共重合体の形状記憶挙動
八木義仁, 猪股克弘, 杉本英樹, 中西英二
■第60回高分子学会年次大会
  大阪国際会議場, 2011年5月25~27日
ポリウレタンエラストマー/結晶性ポリエーテル高分子ブレンドが示す形状記憶能
倉橋英司, 小林暁史, 猪股克弘, 杉本英樹, 中西英二
カーボンナノチューブ分散剤の調製と分散性の評価
大岩智哉, 小林亜悠, 猪股克弘, 永田謙二, 杉本英樹, 中西英二
■The 2nd FAPS Polymer Congress
  China National Convention Center, Beijing, China, May 8-11, 2011
LCST-type Thermoresponsive Behavior of Alternating Copolymer Organic Solution under Mild Conditions
Z. Liu, Y. Guo, K. Inomata
Shape Memory Properties of Poly(methyl methacrylate)-graft-poly(ethylene glycol)
K. Inomata, K. Nakagawa, H. Sugimoto, E. Nakanishi

このページのトップへ                              ←戻る

2010年度
■日本レオロジー学会中部支部第5回修士論文発表会
  三重大学, 2011年3月3日
枝分かれポリエチレンオキシドの調製と粘弾性挙動
伊藤隆史, 猪股克弘
ポリペプチド含有ジブロックコポリマーミセルの二刺激応答挙動
古賀一成, 猪股克弘
■高分子基礎研究会2011
  KKR水上水明荘, 2011年1月28~30日
Lower Critical Solution Temperature Phase Behavior of Poly(2-chloroethyl vinyl ether-alt-maleic anhydride) in Organic Media
Z. Liu, Y. Guo, K. Inomata
2-クロロエチルビニルエーテル-マレイン酸無水物共重合体溶液の相挙動
Z. Liu, Y. Guo, 猪股克弘
■Pacifichem 2010
  Convention Center, Honolulu, Hawaii, USA, December 15-20, 2010
Helix-coil transition and association behavior of hydrophobically-modified water-soluble polypeptides
K. Inomata
■第24回東海支部若手繊維研究会
  名古屋市中小企業振興会館, 2010年12月11日
ポリ[N5-(2-ヒドロキシエチル) L-グルタミン]液晶ゲルのヘリックス-コイル転移と膨潤挙動
井口裕也, 猪股克弘, 杉本英樹, 中西英二
■第19回ポリマー材料フォーラム
  名古屋国際会議場, 2010年12月2~3日
ポリウレタンエラストマー/ポリエチレンオキシド高分子ブレンドにおける形状記憶能の発現
倉橋英司, 猪股克弘, 杉本英樹, 中西 英二
■田中豊一記念シンポジウム2010
  京都大学桂キャンパス, 2010年11月19~20日
疎水化修飾ポリペプチドのヘリックス-コイル転移と架橋構造
猪股克弘
■第22回高分子加工技術討論会
  名古屋市工業研究所, 2010年10月25~26日
疎水化修飾ポリペプチド水溶液のレオロジー挙動
金田聖央, 池井修子, 早川敏弘, 猪股克弘, 杉本英樹, 中西英二
形状記憶ポリペプチドゲルの調製と形状記憶能発現機構
寺濱田美子, 伊藤竜規, 猪股克弘, 杉本英樹, 中西英二
■第59回高分子討論会
  北海道大学, 2010年9月15~17日
Cloud Point of Poly(2-chloroethyl vinyl ether-alt-maleic anhydride) with LCST-type Phase Behavior in Alkyl Acetate and Effect of Co-solvents
Z. Liu, Y. Guo, K. Inomata, H. Sugimoto, E. Nakanishi
結晶性分岐型高分子が示す形状記憶能と粘弾性挙動
伊藤隆史, 猪股克弘, 杉本英樹, 中西英二
疎水性側鎖を有するポリペプチドの側鎖導入率による会合挙動の変化
池井修子, 金田聖央, 早川敏弘, 猪股克弘, 杉本英樹, 中西英二
熱可塑性ポリウレタン/ポリエチレンオキシド高分子ブレンドにおける形状記憶能の発現
倉橋英司, 猪股克弘, 杉本英樹, 中西英二
耐衝撃性ポリスチレンに混入した潤滑剤の相溶性と力学物性への影響
猪股克弘, 小木曽茉莉花, 小林亜悠, 長谷川裕康, 永田謙二, 杉本英樹, 中西英二
ポリ[N5-(2-ヒドロキシエチル) L-グルタミン] 液晶ゲルのヘリックス-コイル転移と膨潤挙動
井口裕也, 猪股克弘, 杉本英樹, 中西英二
■5th Pacific Rim Conference on Rheology (PRCR-5)
   Hokkaido University, Japan, August 1-6, 2010
Shape Memory Behavior of Branched Polymers
K. Inomata, K. Nakagawa, C. Fukuda, Y. Nakada, H. Sugimoto, E. Nakanishi
■第59回高分子学会年次大会
  パシフィコ横浜, 2010年5月26~28日
ポリペプチドゲルの形状記憶能におけるアルキル側鎖長および導入率の影響
寺濱田美子, 世古口怜奈, 猪股克弘, 杉本英樹, 中西英二
Reversible Thermoresponsive Behavior of Poly(chloroethyl vinyl ether-alt-maleic anhydride) in THF/Hexane Mixed Solvent
Z. Liu, K. Inomata, H. Sugimoto, E. Nakanishi

このページのトップへ                              ←戻る


2009年度
■日本レオロジー学会中部支部第4回修士論文発表会
  名古屋工業大学, 2010年3月5日
疎水性側鎖を有するポリペプチドの調製と形状記憶能の発現
寺濱田美子, 世古口怜奈, 猪股克弘
ポリペプチド含有ジブロックコポリマーミセルの二刺激応答挙動
古賀一成, 猪股克弘
■APMT2010
  The Shilla Hotel Jeju, Jeju, Korea, January 24 - 27, 2010
Helix-Coil Transition and Association Behavior of Hydrophobically-Modified Water-Soluble Polypeptides
K. Inomata
■第8回産官学接着若手フォーラム
  名古屋工業大学, 2009年12月4日
枝分かれポリオキシエチレンの調製とレオロジー挙動
伊藤隆史, 猪股克弘
両親媒性高分子ミセルによる疎水性鎖の可溶化とシェル架橋ミセルの調製
古賀一成, 松久英樹, 猪股克弘, 杉本英樹, 中西英二
■The 1st FAPS Polymer Congress
  Nagoya Congress Center, Nagoya, Japan, October 20-23, 2009
Preparation and Shape Memory Ability of Polypeptide Gels Bearing Hydrophobic Side Chains
T. Terahama, R. Sekoguchi, K. Inomata, H. Sugimoto, E. Nakanishi
Temperature-Sensitive Association Behavior of Both-Ends Hydrophobically-Modified Polypeptides
K. Inomata, Y. Hattori
■第21回高分子加工技術討論会
  名古屋市工業研究所, 2009年10月19~20日
耐衝撃性ポリスチレンへの潤滑剤の混入と力学物性への影響
小林亜悠, 小木曽茉莉花, 猪股克弘, 杉本英樹, 中西英二
疎水性側鎖を有する水溶性ポリペプチドのヘリックス-コイル転移と粘弾性挙動
髙井友和, 猪股克弘, 大野法由, 山路義明, 山田えり奈, 杉本英樹, 中西英二
■第58回高分子討論会
  熊本大学黒髪キャンパス, 2009年9月16~18日
両末端疎水化水溶性ポリペプチドの温度応答性ヘリックス-コイル転移と会合挙動
猪股克弘, 服部ゆう, 杉本英樹, 中西英二
疎水性側鎖を有する水溶性ポリペプチドの粘弾性挙動
金田聖央, 猪股克弘, 杉本英樹, 中西英二
疎水性側鎖を有するポリペプチドゲルの調製と形状記憶能の発現
寺濱田美子, 世古口怜奈, 猪股克弘, 杉本英樹, 中西英二
■The 10th Asian Textile Conference
  Ueda Campus, Shinshu University, Japan, September 7-9, 2009
Structural Study on Aromatic Poly(amic n-alkyl ester)s and Their Derivatives by Solid-State Imidization
K. Inomata, S. Shimomura, H. Hasegawa, M. Ogiso, H. Sugimoto, E. Nakanishi
■第40回繊維学会夏季セミナー
  ユアーズホテルフクイ, 2009年8月27~29日
水/エチレングリコール混合溶媒中における片末端疎水化水溶性ポリペプチドの会合挙動
木下奏恵, 土井玲奈, 猪股克弘, 杉本英樹, 中西英二
グラフト共重合体が示す形状記憶能と粘弾性特性
猪股克弘, 中川恵介, 杉本英樹, 中西英二
■第58回高分子学会年次大会
  神戸国際会議場, 2009年5月27~29日(開催中止)
両末端疎水化水溶性ポリペプチドのヘリックス‐コイル転移と会合挙動
服部ゆう, 金田聖央, 猪股克弘, 杉本英樹, 中西英二
水/エチレングリコール混合溶媒中における片末端疎水化ポリペプチドの会合挙動
木下奏恵, 土井玲奈, 猪股克弘, 杉本英樹, 中西英二
両親媒性高分子ミセルによる疎水性鎖の可溶化とシェル架橋ミセルの調製
古賀一成, 松久英樹, 猪股克弘, 杉本英樹, 中西英二

このページのトップへ                              ←戻る


2008年度
■日本レオロジー学会中部支部第3回修士論文発表会
  三重大学工学部多目的会議室, 2009年3月6日
水溶性ポリペプチドゲルの調製と形状記憶能の発現
世古口怜奈, 寺濱田美子, 猪股克弘, 杉本英樹, 中西英二
水溶性ポリペプチドと温度応答性PNIPAAmから成るジブロック共重合体の会合挙動
長谷川香織, 猪股克弘, 杉本英樹, 中西英二
■第39回中部化学関係学協会支部連合(中化連)秋季大会
  名古屋大学, 2008年11月8~9日
両末端疎水化水溶性ポリペプチドのヘリックス-コイル転移と会合挙動
服部ゆう, 猪股克弘, 杉本英樹, 中西英二
■第20回高分子加工技術討論会
  名古屋市工業研究所, 2008年10月20~21日
側鎖にPEG鎖を有するアクリル系高分子の形状記憶能と粘弾性特性
中川恵介,猪股克弘,杉本英樹,中西英二
■田中豊一記念シンポジウム
  アルカディア市ヶ谷, 2008年9月10~12日
ポリペプチドのヘリックス-コイル転移が及ぼす物理架橋構造への影響
猪股克弘, 粕谷真子, 佐藤雅哉, 高井友和, 杉本英樹, 中西英二
■第57回高分子討論会
  大阪市立大学杉本キャンパス, 2008年9月24~26日
側鎖にPEGを有するアクリル系高分子の形状記憶能と粘弾性特性
中川恵介, 猪股克弘, 杉本英樹, 中西英二
潤滑剤による耐衝撃性ポリスチレンの物性への影響
小林亜悠, 小木曽茉莉花, 猪股克弘, 杉本英樹, 中西英二
ポリ(N-イソプロピルアクリルアミド)とポリ〔N5-(2-ヒドロキシエチル)L-グルタミン]から成るジブロック共重合体の会合挙動
長谷川香織, 猪股克弘, 杉本英樹, 中西英二
結晶性鎖を有するポリペプチドゲルの調製と形状記憶能の発現
世古口怜奈, 寺濱田美子, 猪股克弘, 杉本英樹, 中西英二
■The XVth International Congress on Rheology
  Monterey Conference Center, Monterey, California, 3-8 August, 2008
Viscoelastic behavior of aqueous solutions of hydrophobically-modified water-soluble polypeptides
K. Inomata, T. Takai, H. Sugimoto, E. Nakanishi
■第57回高分子学会年次大会
  パシフィコ横浜, 2008年5月28~30日
両末端疎水化水溶性ポリペプチドのヘリックス‐コイル転移と会合挙動
服部ゆう, 猪股克弘, 杉本英樹, 中西英二
ポリペプチド鎖とポリプロピレングリコール鎖から成るブロック共重合体の会合挙動とシェル架橋ミセルの調製
松久英樹, 長谷川香織, 猪股克弘, 杉本英樹, 中西英二
グラフト共重合体が示す形状記憶能と粘弾性特性
中川恵介, 吉田拓央, 猪股克弘, 杉本英樹, 中西英二

このページのトップへ                              ←戻る


2007年度
■日本レオロジー学会中部支部第2回修士論文発表会
  名古屋大学VBLベンチャーホール, 2008年3月7日
ポリ(N-イソプロピルアクリルアミド)とポリ[N5-(2-ヒドロキシエチル) L-グルタミン]から成るABジブロック共重合体の希薄水溶液中での会合挙動
長谷川香織, 猪股克弘, 杉本英樹, 中西英二
グラフト共重合体が示す形状記憶能と粘弾性特性
中川恵介, 吉田拓央, 猪股克弘, 杉本英樹, 中西英二
■第六回産官学接着若手フォーラム
  岐阜大学工学部, 2007年12月7日
水溶性ポリペプチドゲルの調製と形状記憶能の発現
世古口怜奈, 寺濱田美子, 猪股克弘, 杉本英樹, 中西英二
グラフト共重合体の示す形状記憶能と構造特性
中川恵介, 中田好美, 福田千栄子, 猪股克弘, 杉本英樹, 中西英二
ポリ(N-イソプロピルアクリルアミド)とポリ[N5-(2-ヒドロキシエチル) L-グルタミン]から成るABジブロック共重合体の希薄溶液中での会合挙動
長谷川香織, 猪股克弘, 杉本英樹, 中西英二
アルキル側鎖を有する全芳香族ポリアミドのイミド化と高次構造変化
下村沙智, 長谷川裕康, 小木曽茉莉花, 猪股克弘, 杉本英樹, 中西英二
■平成19年度繊維学会秋季研究発表会
  京都工芸繊維大学, 2007年10月26~27日
アルキル側鎖を有する全芳香族ポリアミドのイミド化と高次構造変化
下村沙智, 長谷川裕康, 小木曽茉莉花, 猪股 克弘, 杉本 英樹, 中西 英二
親水性ポリペプチドと疎水性ポリエーテルから成るブロック共重合体の会合挙動
松久英樹, 河村直哉, 猪股克弘, 杉本英樹, 中西英二
■第19回高分子加工技術討論会
  名古屋市工業研究所, 2007年10月22~23日
疎水性側鎖を有する水溶性ポリペプチド溶液の会合・粘弾性挙動
髙井友和, 猪股克弘, 大野法由, 山路義明, 山田えり奈, 杉本英樹, 中西英二
■第56回高分子討論会
  名古屋工業大学, 2007年9月19~21日
親水性ポリペプチドとポリプロピレングリコールから成るブロック共重合体の会合挙動
松久英樹, 河村直哉, 猪股克弘, 杉本英樹, 中西英二
ポリ(N-イソプロピルアクリルアミド)とポリ[N5-(2-ヒドロキシエチル)L-グルタミン]から成るABジブロック共重合体の希薄水溶液中での会合挙動
長谷川香織, 猪股克弘, 杉本英樹, 中西英二
水溶性コポリペプチドの温度変化によるヘリックス-コイル転移
服部ゆう, 猪股克弘, 杉本英樹, 中西英二
■第56回高分子学会年次大会
  国立京都国際会館, 2007年5月29~31日
疎水性側鎖を有するポリ[N5-(2-ヒドロキシエチル) L-グルタミン]溶液の粘弾性挙動
猪股克弘, 高井友和, 大野法由, 山路義明, 山田えり奈, 杉本英樹, 中西英二
ポリ[N5-(2-ヒドロキシエチル)L-グルタミン]とポリプロピレングリコールからなるABAトリブロック共重合体の希薄溶液中での会合挙動
松久英樹, 河村直哉, 猪股克弘, 杉本英樹, 中西英二
グラフト共重合体が示す形状記憶能と分子構造特性
中川恵介, 中田好美, 福田千栄子, 猪股克弘, 杉本英樹, 中西英二

このページのトップへ                              ←戻る


2006年度
■日本レオロジー学会中部支部第1回修士論文発表会
  名古屋大学VBLベンチャーホール, 2007年3月8日
両末端疎水化水溶性ポリペプチドの希薄溶液中における会合挙動
佐藤雅哉, 粕谷真子, 猪股克弘, 杉本英樹, 中西英二
■第18回高分子加工技術討論会
  名古屋市工業研究所, 2006年10月23~24日
側鎖に疎水基を有する水溶性ポリペプチド溶液の粘弾性挙動
髙井友和, 大野法由, 山路義明, 山田えり奈, 猪股克弘, 杉本英樹, 中西英二
■第55回高分子学会討論会
  富山大学五福キャンパス, 2006年9月20~22日
偏斥力の相違が及ぼす結晶性-非晶性ジブロック共重合体の相挙動への影響
渡邊俊次, 野村直宏, 猪股克弘, 杉本英樹, 中西英二
疎水性側鎖を有する水溶性ポリペプチドの会合挙動
高井友和, 大野法由, 山路義明, 山田えり奈, 猪股克弘, 杉本英樹, 中西英二
片末端疎水化ポリ[N5-(2-ヒドロキシエチル) L-グルタミン]の会合挙動と凝集構造
猪股克弘, 山田えり奈, 土井玲奈, 杉本英樹, 中西英二
■WMSCI 2006
  Rosen Centre Hotel, Orlando, Florida, U. S. A., July 16-19, 2006
Association Behavior of Both-Ends Hydrophobically-Modified Poly[N5-(2-Hydroxyethyl) L-Glutamine]
K. Inomata
■第55回高分子学会年次大会
  名古屋国際会議場, 2006年5月24~26日
全芳香族ポリアミドのイミド化においてアルキル側鎖が高次構造保持に果たす役割
下村沙智, 長谷川裕康, 小木曽茉莉花, 猪股克弘, 杉本英樹, 中西英二
グラフト共重合体の構造特性と形状記憶能
福田千栄子, ○猪股克弘, 杉本英樹, 中西英二
結晶性-非晶性ジブロック共重合体の相挙動に及ぼす偏析力の効果
渡邊俊次, 野村直宏, 猪股克弘, 杉本英樹, 中西英二
末端アルキル基修飾ポリ[N5-(2-ヒドロキシエチル) L-グルタミン]濃厚溶液の相挙動
山田えり奈, 佐藤雅哉, 杉本英樹, 中西英二, 猪股克弘
片末端疎水化ポリペプチドの会合挙動
土井玲奈, 高井友和, 杉本英樹, 中西英二, 猪股克弘

このページのトップへ                              ←戻る


2005年度
■Pacifichem 2005
  Honolulu, Hawaii, U.S.A., December 15-20, 2005
Association behavior of both-end hydrophobically-modified water-soluble polypeptide
K. Inomata, M. Kasuya, H. Sugimoto, E. Nakanishi
■第17回高分子加工技術討論会
  名古屋市工業研究所, 2005年10月24~25日
アルキル鎖を有する全芳香族ポリアミドの高次構造とイミド化
下村沙智, 小木曽茉莉花, 長谷川裕康, 猪股克弘, 杉本英樹, 中西英二
■第54回高分子討論会
  山形大学小白川キャンパス, 2005年9月20~22日
ポリエチレングリコール-block-ポリ[N5-(2-ヒドロキシエチル L-グルタミン)のヘリックス―コイル転移と会合体の構造変化
猪股克弘, 伊藤実奈子, 杉本英樹, 中西英二
両末端疎水化水溶性ポリペプチドの会合挙動とレオロジー特性
猪股克弘, 粕谷真子, 山田えり奈, 高井友和, 山路義明, 杉本英樹, 中西英二
■平成17年度繊維学会年次大会
  岐阜・長良川国際会議場, 2005年6月8~10日
末端アルキル修飾水溶性ポリペプチドの選択溶媒中での会合挙動
土井玲奈, 高井友和, 中西英二, 猪股克弘
ポリ(n-ヘキシルメタクリレート)-graft-PEGグラフト共重合体の相挙動と結晶化挙動
福田千栄子, 渡邊俊次, 中西英二, 猪股克弘
両末端疎水化水溶性ポリペプチドのヘリックス-コイル転移と会合挙動
猪股克弘, 粕谷真子, 中西英二
会合性疎水基を有する水溶性ポリペプチドのレオロジー挙動
山田えり奈, 山路義明, 粕谷真子, 中西英二, 猪股克弘
アルキル側鎖を有する全芳香族ポリアミドの高次構造とイミド化
下村沙智, 小木曽茉莉花, 中西英二, 猪股克弘
■第54回高分子学会年次大会
  パシフィコ横浜, 2005年5月25~27日
会合性疎水基を有する水溶性ポリペプチドのレオロジー挙動
山田えり奈, 山路義明, 粕谷真子, 中西英二, 猪股克弘
末端アルキル修飾水溶性ポリペプチドの選択溶媒中での会合挙動
土井玲奈, 高井友和, 中西英二, 猪股克弘
アルキル側鎖を有する全芳香族ポリアミドの高次構造とイミド化
下村沙智, 小木曽茉莉花, 中西英二, 猪股克弘
ポリ(n-ヘキシルメタクリレート)-graft-PEGグラフト共重合体の相挙動と結晶化挙動
福田千栄子, 渡邊俊次, 中西英二, 猪股克弘
両末端疎水化水溶性ポリペプチドのヘリックス-コイル転移と会合挙動
粕谷真子, 猪股克弘, 中西英二, 猪股克弘

このページのトップへ                              ←戻る


2004年度
■第2回接着若手フォーラム
  岐阜大学, 2004年12月10日
アルキル鎖を有する全芳香族ポリアミドの高次構造とイミド化
下村沙智, 小木曽茉莉花, 坂本雄二, 中西英二, 猪股克弘
■第16回高分子加工技術討論会
  名古屋市工業研究所, 2004年10月25~26日
水溶性ポリペプチドのヘリックス-コイル転移による会合体とゲルの構造変化
粕谷真子, 坂本雄二, 中西英二, 猪股克弘
■第53回高分子討論会
  北海道大学, 2004年9月15~17日
アルキル側鎖を有する全芳香族ポリアミドの高次構造とイミド化
下村沙智, 小関裕貴, 小木曽茉莉花, 坂本雄二, 中西英二, 猪股克弘
両末端疎水化ポリペプチドの会合挙動とゲル化
粕谷真子, 坂本雄二, 中西英二, 猪股克弘
■IUPAC World Polymer Congress MACRO2004
  Convention Centre of Paris, Paris, France, July 4-9, 2004
Structure of Poly(ethylene glycol)-block-Poly[N5-(2-hydroxyethyl) L-glutamine] Associates Formed in Dilute Solution of Cyclohexanol/Water
K. Inomata, M. Ito, E. Nakanishi
■第53回高分子学会年次大会
  神戸国際会議場, 2004年5月25~27日
会合コアを形成する成分鎖のヘリックス-コイル転移が誘起する会合体の形状変化
伊藤実奈子, 粕谷真子, 坂本雄二, 中西英二, 猪股克弘
末端アルキル基修飾ポリ[N5-(2-ヒドロキシエチル)-L-グルタミン](C12-PHEG)の会合挙動
土井玲奈, 山田えり奈, 坂本雄二, 中西英二, 猪股克弘
ポリエチレングリコール-block-ポリ(n-ヘキシルメタクリレート)の相挙動と高次構造
野村直宏, 福田千栄子, 坂本雄二, 中西英二, 猪股克弘
アルキル側鎖を有する全芳香族ポリアミドのイミド化が及ぼす高次構造への影響
下村沙智, 小関裕貴, 坂本雄二, 猪股克弘, 中西英二

このページのトップへ                              ←戻る


2003年度
■第15回高分子加工技術討論会
  名古屋市工業研究所, 2003年10月27~28日
ヘリックス-コイル転移に誘起される会合体の形状変化
伊藤実奈子, 坂本雄二, 中西英二, 猪股克弘
■第52回高分子討論会
  山口大学吉田キャンパス, 2003年9月24~26日
アルキル側鎖を有する全芳香族ポリアミドのイミド化による高次構造変化
猪股克弘, 小関裕貴, 下村沙智, 坂本雄二, 中西英二
両末端疎水化ポリペプチドの会合挙動
粕谷真子, 坂本雄二, 中西英二, 猪股克弘
ヘリックス-コイル転移により誘起される会合体の形状変化
伊藤実奈子, 坂本雄二, 中西英二, 猪股克弘
■APMT-2003
  Gyeongju, Korea, August 4-7, 2003
Viscoelastic Properties and Network Structure for Associative Physical Gels of ABA Triblock Copolymer Solutions
K. Inomata, A. Banno, E. Sato, E. Nakanishi
■第52回高分子学会年次大会
  名古屋国際会議場, 2003年5月28~30日
ポリ(エチレングリコール)-b-ポリ[N5-(2-ヒドロキシエチル)-L-グルタミン]の会合挙動とコンホメーション特性
伊藤実奈子, 坂本雄二, 中西英二, 猪股克弘
ABAトリブロック共重合体会合性ゲルのレオロジー挙動
坂野愛, 佐藤永二郎, 中西大輔, 坂本雄二, 中西英二, 猪股克弘
非晶性主鎖と結晶性側鎖から成るグラフト共重合体の相挙動と高次構造
関喜之, 堀邦善, 野村直宏, 坂本雄二, 猪股克弘, 中西英二

このページのトップへ                              ←戻る


2002年度
■IUPAC-PC2002
  Kyoto, Japan, December 2 - 5, 2002
Transient Network Structure of Associating ABA Triblock Copolymer Solution
K. Inomata, D. Nakanishi, E. Nakanishi, T. Nose
■第14回高分子加工技術討論会
  名古屋サンプラザ, 2002年11月25~26日
結晶性-非晶性グラフト共重合体のミクロ相分離構造と結晶化挙動
堀邦善, 坂本雄二, 猪股克弘, 中西英二, 野瀬卓平
トリブロック共重合体物理ゲルのネットワーク構造の濃度依存性
坂野愛, 中西大輔, 佐藤永二郎, 猪股克弘, 坂本雄二, 中西英二
■第51回高分子討論会
  九州工業大学戸畑キャンパス, 2002年10月2~4日
アルキル側鎖を有する全芳香族ポリアミドのリオトロピック液晶相形成
猪股克弘, 小関裕貴, 中西英二, 高島宏明, 吉水広明, 辻田義治
結晶性-非晶性グラフト共重合体のミクロ相分離構造と結晶化挙動
堀邦善, 影山正徳, 坂本雄二, 猪股克弘, 中西英二, 野瀬卓平
ABAトリブロック共重合体会合性物理ゲルの網目構造
猪股克弘, 中西大輔, 坂野愛, 佐藤永二郎, 坂本雄二, 中西英二, 野瀬卓平
■Japan-Korea Young Polymer Scientists’ Seminar in Nagoya
  Nagoya Institute of Technology, July 26, 2002.
Thermoreversible Association and Physical Gelation of ABA Triblock Copolymer Solution
K. Inomata, D. Nakanishi, E. Nakanishi, Y. Abe, R. Kurihara, K. Fujimoto, T. Nose
■第51回高分子学会年次大会
  パシフィコ横浜, 2002年5月29~31日
ポリ(γa-ベンジル β,L-アスパルテート)の結晶構造
野村直宏, 堀邦善, 鈴木紀明, 坂本雄二, 猪股克弘, 中西英二
ABAトリブロック共重合体会合性ゲルのネットワーク構造
中西大輔, 猪股克弘, 坂本雄二, 中西英二, 野瀬卓平

このページのトップへ                              ←戻る


2001年度
■Stony Brook Symposium on Complex Matter
  In honor of Professor Benjamin Chu on his 70th birthday
  State University of NY at Stony Brook, Stony Brook, NY, USA., Dec 13–14, 2001.
Packing Manner of Graft Copolymers Having Rigid-rod Main Chain and Amorphous-Crystalline Diblock Copolymers as Side Chains
K. Inomata, Y. Sasaki, J. Nishikawa, E. Nakanishi, T. Nose
■第13回高分子加工技術討論会
  名古屋サンプラザ, 2001年11月5~6日
トリブロック共重合体溶液会合性ゲルのレオロジー挙動
中西大輔, 猪股克弘, 中西英二, 安倍陽介, 藤本健太郎, 野瀬卓平
■第50回高分子討論会
  早稲田大学大久保キャンパス, 2001年9月12~14日
トリブロック共重合体熱可逆性ゲルの粘弾性挙動
猪股克弘, 中西英二, 安倍陽介, 藤本健太郎, 野瀬卓平
■第50回高分子学会年次大会
  大阪国際会議場, 2001年5月23~25日
トリブロック共重合体溶液の粘弾性挙動
猪股克弘, 安倍陽介, 藤本健太郎, 野瀬卓平

このページのトップへ                              ←戻る



 
〒466-8555 名古屋市昭和区御器所町 名古屋工業大学 猪股・信川研究室
Copyright (c) Inomata-Nobukawa Laboratory, Nagoya Institute of Technology. All rights reserved.